オーガスト ウォーズ。 オーガストウォーズとは

オーガストウォーズとは

グルジア侵攻に躊躇するロシア閣議の様子や母子を助けるグルジア人兵士を入れるなど欧米からプロパンダ映画と言われまいとする配慮も伺える。 物語は1人の母親が戦火に巻き込まれた息子を自ら救いに戦争の只中に飛び込んでいくというもの。 パシフィック・リムの当て馬SF映画だろうと、タカをくくって呑気に観賞。

Next

オーガスト・ウォーズは超面白いプロパガンダ映画

ただし、現実から幻影への摩り替えCG技術はハイレベルです。

Next

オーガストウォーズのレビュー・感想・評価

そうか、一見ロボットアクションぽく見せてるのもプロパガンダっぽく見せないための工夫なのか。 「さっさと撃て」という仲間の声を受けながら兵士は銃を向ける。 元気を取り戻したチョーマとクセーニアが移送ヘリを待つところへ、リョーハが姿を現す。

Next

オーガストウォーズ

ロシア正規軍が全面協力したというだけあって、スケールと生々しさはトップレベルです。 「さっさと撃て」という仲間の声を受けながら兵士は銃を向ける。 ロボット等の登場は息子の幻想幻影シーンしかありません。

Next

オーガスト・ウォーズは超面白いプロパガンダ映画

グルジア側はというと、2011年に5デイズというハリウッド映画(レニー・ハーリン監督)の作品に全面協力している。 プロットは南オセチアの離婚した夫の実家を訪れている息子が紛争に巻き込まれそうなことを知り、モスクワから母が救出に向かうのだが既に戦火に覆われ困難を極めるというお話。

Next

オーガストウォーズ : 作品情報

による全面協力を受けて製作された。 取り残されてしまった息子を救うため、母親のクセーニアはモスクワから南オセチアにやってくるが、そこは巨大ロボットと軍事兵器が入り乱れる激戦地と化していた。